Top(本館)
1970s Compact Cassettes






* 写真のデッキは初のメタル対応機・VICTOR KD-A6(解説はこちら)と初のメタルテープ3M「METAFINE」(手前)、その奥はJVC「ME-Pro」他VICTORのカセット *







最近の更新
SANYO
8トラックカートリッジ
AS


(2017/04/22 新規展示)
maxell
HEAD CLEANING TAPE
(海外向け)


(2017/04/16 新規展示)
富士フイルム
8トラックカートリッジ
S


(2017/04/09 新規展示)
三洋電機(SANYO)の録音用8トラックカートリッジ生テープである。型番に40の数字が付いていることや200フィート(約60m)巻きの表示があることから、・・・

   (展示を見に行く)

マクセルの初期のヘッドクリーニング用カセットである。クリーニングテープには、表面が粗く白い半透明のものが使われている。・・・

   (展示を見に行く)

富士フイルムの録音用8トラックカートリッジ生テープである。同社は写真フィルムだけではなく、各種録音・録画用のテープも製造していた。本製品(S-40)は40分録音用・・・

   (展示を見に行く)


過去の更新履歴はこちら


トピックス
2017/03/25 本日発売の「ラジオライフ5月号」(三才ブックス刊)の「第3特集 カセットテープ大全」へのコメント提供や撮影用カセットの貸し出しなど取材協力をさせていただきました。
2017/04/16 トップページの画像を初のメタル対応機VICTOR「KD-A6」と初のメタルテープである3M「METAFINE」他のカセットに変更し、このデッキを「カセットデッキ展示館」に展示しました。



御覧いただくための参考情報
展示館について
展示の方法(階層)について
展示画像のサイズについて
テープの種類(規格)に関する表現について
日本のカセットテープ概史
本サイトについて



懐かしいカセットをお持ちの方へ 投稿いただく際のお願い
投稿から展示までの流れ

送り先はこちら

(本サイトへのご意見・ご感想・その他ご連絡はこちらへ。)



最終更新 2017年04月22日


TODAY