Top(本館)







1980年代以降のカセットはこちら



最近の更新
富士電気化学
Fuji Ferrotape
STANDARD


(2018/12/15 新規展示)
VICTOR
(ビクター)
試聴用カセット


(2018/12/08 新規展示)
OTTO
(SANYO)
CD


(2018/12/01 新規展示)
富士電気化学株式会社(現:FDK株式会社)が販売したカセットである。同社は電池の製造を主力としたメーカーであるが、・・・

 (展示を見に行く)

VICTOR(ビクター)の試聴用のカセットテープである。当時の同社製カセットデッキの付属品と思われる。カセット本体A面のラベルに「SD」の・・・

 (展示を見に行く)

SANYOのオーディオブランドである「OTTO」の名称で発売されたクロムポジション用テープである。それまで同社のカセットテープについては・・・

 (展示を見に行く)


過去の更新履歴はこちら


トピックス
2018/12/06 バックヤードの学芸部に「学芸部だより第6号」及び「第7号」を一挙掲載しました。
館長が久々にアナログレコード再生に取り組んだ顛末記です。多発する不具合やハプニングへの対処、アナログオーディオの怪しい魔力に取り込まれていく模様を前・後編でお伝えします。(なお、どちらにもカセットは全く出てきませんのでご注意ください(笑)。)



御覧いただくための参考情報
展示館について
展示の方法(階層)について
展示画像のサイズについて
テープの種類(規格)に関する表現について
日本のカセットテープ概史
本サイトについて



懐かしいカセットをお持ちの方へ 投稿いただく際のお願い
投稿から展示までの流れ

送り先はこちら

(本サイトへのご意見・ご感想・その他ご連絡もこちらへ。)



最終更新 2018年12月15日


SINCE 1997