Top(本館)


== 写真のデッキは初のメタル対応機・VICTOR KD-A6(解説はこちら)と初のメタルテープ3M「METAFINE」(手前)、その奥はJVC「ME-Pro」他VICTORのカセット ==





最近の更新
BASF
LN
Low Noise


(2017/12/10 更新)
TDK
AD
(第2世代型)


(2017/12/02 更新)
HITACHI
(日立)
UD


(2017/11/26 更新)
製品トップページに価格、テープ種別を記載し、コメントの一部を変更しました。また、パッケージのページに後期版のインデックスカードの画像を掲載しました。

 (展示を見に行く)

製品TOPページのスペックの項目内容を追加するとともに、コメントの内容も見直しをして大巾な追記を行いました。また、C46の2巻パックを展示しました。

 (展示を見に行く)

製品TOPページのコメントを一部修正し、C-60、C-90の画像を追加展示しました。

 (展示を見に行く)


過去の更新履歴はこちら


トピックス
2017/12/14 本日発売のNEKO MOOK ステレオ時代特別編集「カセットテープ コンプリートブック」(ネコ・パブリッシング刊)の「カセットテープ年鑑」の編集に協力させていただきました。また、「懐かしのカセットテープ博物館 訪問記」では当博物館の学芸部を取材していただきました。館長も写真で登場しています(笑)。



御覧いただくための参考情報
展示館について
展示の方法(階層)について
展示画像のサイズについて
テープの種類(規格)に関する表現について
日本のカセットテープ概史
本サイトについて



懐かしいカセットをお持ちの方へ 投稿いただく際のお願い
投稿から展示までの流れ

送り先はこちら

(本サイトへのご意見・ご感想・その他ご連絡もこちらへ。)



最終更新 2017年12月14日


TODAY