Top(本館)
1970s Compact Cassettes






* 写真のデッキは初のメタル対応機・VICTOR KD-A6(解説はこちら)と初のメタルテープ3M「METAFINE」(手前)、その奥はJVC「ME-Pro」他VICTORのカセット *







最近の更新
3M
MASTER
(米国内版)


(2017/06/24 新規展示)
SHARP

S


(2017/06/18 新規展示)
富士フイルム

DR


(2017/06/10 新規展示)
米3M社のブランド「Scotch」のLHタイプのカセットである。同社の本拠地アメリカ国内向けの製品で「DYNARANGE」の上位製品にあたる。パッケージのデザインはシンプルだが、・・・

   (展示を見に行く)

「SHARP」(シャープ)のLNタイプのカセットである。当時のシャープのカセットはmaxellからのOEMと思われるので、この製品は・・・

   (展示を見に行く)

富士フイルムのローノイズタイプカセットで、「(Range)-2」の後継にあたる製品である。1980年、同社はカセットのラインナップを一新し、5品種だった従来の(Range)シリーズを4品種に・・・

   (展示を見に行く)


過去の更新履歴はこちら


トピックス
2017/05/31 本日発売のCDジャーナルムック「カセットテープ時代 Part2」(音楽出版社刊)の「カセットテープ人気ランキング BEST10」において、カセット画像の提供やベスト10に選ばれた各カセットの解説文を書かせていただきました。また、「俺の好きだったカセットテープ BEST3」では、館長のアンケート回答を掲載していただきました。



御覧いただくための参考情報
展示館について
展示の方法(階層)について
展示画像のサイズについて
テープの種類(規格)に関する表現について
日本のカセットテープ概史
本サイトについて



懐かしいカセットをお持ちの方へ 投稿いただく際のお願い
投稿から展示までの流れ

送り先はこちら

(本サイトへのご意見・ご感想・その他ご連絡はこちらへ。)



最終更新 2017年06月24日


TODAY